C言語入門講座。関数、サンプル集を参考にして、 C言語をマスターしよう。初心者から上級者まで。

三角関数を求める

2012.08.10

cos関数、sin関数、tan関数は、それぞれ三角関数のコサイン(余弦)、サイン(正弦)、タンジェント(正接)を求めます。また、cosh関数、sinh関数、tanh関数は、それぞれ双曲線コサイン、双曲線サイン、双曲線タンジェントを求めます。

#include <math.h>
double cos(double x);
double sin(double x);
double tan(double x);
double cosh(double x);
double sinh(double x);
double tanh(double x);

xは、角度をラジアン単位で指定します。

戻り値として、ラジアン単位の結果が返ります。

次の例題では、0ラジアンから4πラジアン(720度)まで、0.1ラジアン毎のコサイン(余弦)を求めて、それをグラフ表示しています。

プログラム 例

#include <stdio.h>
#include <math.h>
#define PI 3.14159265

int main(void)
{
  double x;

  /* 0ラジアンから4πラジアン(720度)まで */
  for (x = 0.0; x <= 4.0 * PI; x += 0.1) {
    printf('%f %f\n', x, cos(x));
  }

  return 0;
}

例の実行結果

実行結果をファイルに出力して、それをGNUPLOTでグラフ表示しています。

コサイングラフ

関連記事