C言語入門講座。関数、サンプル集を参考にして、 C言語をマスターしよう。初心者から上級者まで。

入出力バッファを設定する

2012.08.10

setbuf関数は、ファイルの入出力を行うときに使用するバッファ領域を設定します。ここで指定するバッファ領域はファイルを閉じるときに存在している必要があります。

#include <stdio.h>
void setbuf(FILE *stream, char *buf);

*streamはfopen関数で取得した、ファイルポインタを指定します。
*bufは入出力を行うときに使用するバッファ領域を指定します。

戻り値はありません。

次の例題プログラムで使用しているBUFSIZマクロは、最適なバッファサイズとしてstdio.hで定義されています。

プログラム 例

#include <stdio.h>
#include <ctype.h>
#define SIZE 1024

int main(int argc, char **argv)
{
  FILE    *fp_in;
  FILE    *fp_out;
  char    in_buff[BUFSIZ];          /* 入力ファイル用バッファ */
  char    out_buff[BUFSIZ];         /* 出力ファイル用バッファ */
  char    my_buff[SIZE];
  char    *p_buff;
  int     return_code = 0;

  if (argc == 3) {
    if ((fp_in = fopen(*(argv + 1), 'r')) != NULL) {
      if ((fp_out = fopen(*(argv + 2), 'w')) != NULL) {
        /* バッファを設定 */
        setbuf(fp_in, in_buff);
        setbuf(fp_out, out_buff);

        while(fgets(my_buff, SIZE, fp_in) != NULL) {
          /* 英小文字を英大文字に変換 */
          for (p_buff = my_buff; *p_buff; ++p_buff) {
            *p_buff = toupper(*p_buff);
          }

          fputs(my_buff, fp_out);
        }

        fclose(fp_in);
        fclose(fp_out);
      }
      else {
        printf('出力ファイルのオープンに失敗しました\n');
        fclose(fp_in);
        return_code = 1;
      }
    }
    else {
      printf('入力ファイルのオープンに失敗しました\n');
      return_code = 1;
    }
  }
  else {
    printf('実行時引数の数が不当です\n');
    return_code = 2;
  }

  return return_code;
}

例の実行結果

$ cat temp_1.txt
Hello World!!.
Bye.
$
$ ./setbuf.exe temp_1.txt temp_9.txt
$
$ cat temp_9.txt
HELLO WORLD!!.
BYE.
$

関連記事