C言語入門講座。関数、サンプル集を参考にして、 C言語をマスターしよう。初心者から上級者まで。

経過時間を算出する

2012.08.10

difftime関数は、2つの時刻から経過時間を算出します。時刻は紀元(1970年1月1日00:00:00 UTC)からの経過秒数で、time関数で取得することができます。

#include <time.h>
double difftime(time_t time1, time_t time0);

time1は終了時刻を指定します。
time0は開始時刻を指定します。

戻り値として、秒単位の経過時間を返します。

プログラム 例

#include <stdio.h>
#include <time.h>
#include <unistd.h>

int main()
{
  time_t      start_time;

  start_time = time(NULL);

  sleep(5);

  printf('経過時間:%.1f秒\n', difftime(time(NULL), start_time));

  return 0;
}

例の実行結果

$ ./difftime.exe
経過時間:5.0秒
$

関連記事