C言語入門講座。関数、サンプル集を参考にして、 C言語をマスターしよう。初心者から上級者まで。

英文字を判定する

2012.08.10

isalpha関数は、引数に与えられた文字が英文字かどうかを判定します。

#include <ctype.h>
int isalpha(int c);

cは、チェックしたい文字を指定します。EOF(-1)も判定する可能性があるため、int型になっています。

戻り値として、引数の値が半角英字のASCIIコードであれば0以外を、そうでなければ0を返します。

すでに紹介しているisalnum()の英字のみを判定するのバージョンになります。

プログラム 例

#include <stdio.h>
#include <ctype.h>

#define STR_LEN (10)

int main(void)
{
  int    loop_cnt;
  char   str[STR_LEN + 1] = {0};
  char   in_data;

  scanf('%10s', &str);

  loop_cnt = 0;
  while (str[loop_cnt] != '') {
    /* 値が英字だったら0以外が返る */
    if (isalpha(str[loop_cnt]) != 0) {
      break;
    }
    loop_cnt++;
  }

  if (loop_cnt < STR_LEN) {
    printf('英字が含まれています\n');
  }
  else {
    printf('英字は含まれていません\n');
  }

  return 0;
}

Copyright © 2011 katsumi Handa All Rights Reserved.

関連記事